快眠方法

スポンサードリンク

快眠 睡眠

快眠できないことのひとつに、夜中目が覚めてしまって眠れないと言う症状があると思います。この場合には単純に体内時計がズレてしまっている場合が多いようです。
体内時計の狂いによって、本来の就寝時間に体温が下がってくれない事が寝付けない原因と考えられるのです。人の体内時計は25時間と言われている通り、朝日を身体に浴びる事が元になって14時間後に眠くなると言うリズムが刻まれます。

 

朝日を浴びる時間帯は遅くても朝10:00までと言われているようです。これを前提にもし、朝日をこの時間までに浴びない様な生活をしているのであれば、毎日1時間ずつ眠気が起こる時間が遅くなって行くことで、結果として快眠どころかなかなか寝付けないことにもなるので睡眠不足の原因となります。

 

朝日を浴びることに加えて、夜寝る3時間前には食べない習慣が大切です。なかなかできない人もいらっしゃるとは思いますが、これだけのことで快眠に近づけるようになり、よい睡眠を迎えられるでしょう。

快眠 食事

やはり食事も快眠にとっては欠かせない大切な要素の1つです。食べる物も当然そうですが、もっと大事なのが食べる時間帯の方だと言われています。快眠を実現するためには就寝時に胃の中が空になっていることが理想です。

 

胃の中を空にすると言うこと寝る時までには夕飯の消化吸収作業が終わっている必要が有るということ。一般に言われていることは、食事が終わってから消化が終了し胃の中が空になるまでおよそ3時間程かかる言われています。

 

これを元に寝る3時間前からは食べない努力をすることが、快眠のコツなのです。さらに元々の日本人の体質から考えると、洋食に比べて和食の方が消化しやすい人が多いそうで、肉中心よりは根菜や野菜や魚のような、和食中心にすることも快眠につながるようです。

スポンサードリンク

快眠方法関連エントリー

快眠布団
快眠の種には布団は工夫をしたほうがよさそうですね。特に敷布団の状態によって、ぐっすり眠れるかどうかがほぼ決まってしまいます。快眠のために是非敷布団にこだわってみましょう。
快眠枕
快眠は枕枕選びによって大きく左右されると言っても過言ではないかもしれません。快眠のための敷布団に合わせて、お気に入りの枕を探してみましょう。