女性のがん保険

スポンサードリンク

生命保険 高度障害請求

生命保険では、被保険者(こども保険の場合には契約者です)が不慮の事故に遭われた場合、事故の日を含めて180日以内に約款で定められている状態になったときに、それ以降の保険料の納付が免除されることになります。

 

ですが一般の生命保険では、所定の高度障害の状態となりますと死亡保険金と同額の高度障害保険金が支払われることとなり、その時点で契約が消滅ということになります。保険料の納付が免除されると言う場合は、高度障害保険金そ支払いは起こりません。

 

保険料納付免除の特約をつけておきますと、3大疾病や身体障害状態、要介護状態などと言う場合にはそれ以降の保険料納付が免除となる会社もあります。保険料納付免除の適用は保険会社によって異なります。保険会社によっては医療保険やがん保険などにより、高度障害状態となった場合に保険料納付免除となる商品もあります。

生命保険 見直し 比較

卵巣がんなどと診断された場合など、加入している生命保険の保険料の支払いが気になる方も多いでしょう。

 

保険料の納付が経済的理由などにより困難になってしまった場合などでは、保険金の減額や特約だけを解約する方法も選べます。反対に保障に備えるため別途特約を途中からでも加えることもできます。

 

保険の種類などによって特約の中途付加ができないケースも出てきます。生命保険は、卵巣がんなどになった場合にどのように保障されるのかなどだけでなく、実際に保険が使いやすいかどうかということもも契約する上での判断に必要なことなのです。

スポンサードリンク