慢性腎不全 尿毒症

スポンサードリンク

慢性腎不全 透析

慢性腎不全という病気では、腎臓の働きがごく健康な人に比較して半分以下までに低下してしまい、このままさらに症状が悪化していくことで、尿毒症の症状が現れるようです。

 

尿毒症となってしまった場合、腎臓の機能が極端にに低下してしまい、本来排出しなければならない毒素が体内に残留することで全身にある臓器に様々な症状が現れる状態です。本来ならば腎臓が持っている排泄、代謝、分泌と言ったの三大機能のうちの排泄機能低下によって起こった障害と言うことです。

 

しばらく前の医療では尿毒症と言えば、生命の維持に対する危険度は非常に高い割合だったのですが、人口透析療法も急速な進歩を遂げることによって、尿毒症患者の生存率が上がり、さらに社会復帰も果たしているのです。

人工透析 尿毒症

人工透析に通うのは、通常では1週間に2〜3日となります。この場合で言う透析療法という行為自体、あくまでも腎臓の本来持つ機能を体外で人工的に実施しているに過ぎず、当然のことながら腎機能が回復することはございません。

 

透析療法を続け続けることと、腎臓病に対するしっかりとした管理を行うことで、健康な人とほぼ同様に仕事も行うことができますが、この場合では半永久的に2日に一度の人口透析に通わなければならないのです。

 

しかし尿毒症の症状が出てから人工透析を始めるのではなくて、尿毒症の症状が現れる前から透析を開始した患者さんの方が、その後の経過が良好と言われています。

 

人口透析の開始時期としましては、一般的な例として血清クレアチニンが1デシリットル中に於いて1ミリグラムを超えた時点が目安と成るようで、これが透析の導入時期のようです。そんな中でも症状やその他によっては、糖尿病性腎症や高齢者の場合などを含めて、もっと早い時期からの人工透析が必要な場合も少なくないようです。

スポンサードリンク

慢性腎不全 尿毒症関連エントリー

腎臓 機能低下
腎臓の機能低下を知る事により、腎臓病の恐ろしさについて考えて見ましょう。腎臓 機能低下によって3つの機能が弱くくなる事で私たちの生活は全く変わってしまうのです。
急性腎不全
急性腎不全では、尿が少なくなったり、出なくなったりする症状の他に各臓器で様々な症状を伴います。急性腎不全を防ぐことは難しく、慢性腎不全にならないための対策も必要になってきます。