急性腎不全

スポンサードリンク

急性腎不全 症状

急性腎不全と言われる症状では、急激にに腎臓の機能の低下が起こることから、尿が少なくなったり出なくなる状態に陥ります。急性腎不全の場合では医療の進歩した現在で有っても予断を許さない危険な病気と言われています。

 

これら似た症状では有りますが、尿の量が少なくなる症状は乏尿と言い、一方の尿が出なくなってしまう症状のことを無尿と分けて表しています。急性腎不全では、尿の量などの症状のみならず、消化器系、呼吸器系、循環器系、神経系といった、身体の各臓器にそれぞれ別の症状も発生しますので、非常に危険な状態といえます。

 

実際に見ていきますと、顔面や脚に現れるむくみ、舌やくちびるが乾燥する、突然の貧血、乏尿、血尿、たんぱく尿、尿路感染症、肺浮腫、肺感染症、紫斑と言われる内出血による斑点状のもの、菌血症、悪心、嘔吐、消化管出血、精神障害、痙攣、傾眠といった症状が急性腎不全の時に現れるようです。

急性腎不全 診断

急性腎不全が疑われる時と言うのは、やはり急に尿が出なくなった時や尿の量が急に少なくなった時ではないでしょうか。診断基準ですが、採血によって検査され、血清クレアチニンや尿素窒素などが上昇していることから、急性腎不全とされます。

 

急性腎不全と診断された場合には、さらにその詳しくその原因や腎臓の状態を調べる必要があるため、尿たんぱく検査や尿沈渣検査なども行います。その他、場合によってはX線検査、CTスキャンや超音波による検査も必要に応じて行われるようです。

 

急性腎不全と診断された場合には、その後の慢性腎不全への移行が懸念されることからも身体を休めることが第一で安静にしなくてはなりません。このように急性腎不全と言う病気では、注意や予防と言っても現代の生活習慣の上では難しい問題とも言えます。さらに発症した場合には、医療機関に頼る意外に方法が見つからないようです。

スポンサードリンク

急性腎不全関連エントリー

腎臓 機能低下
腎臓の機能低下を知る事により、腎臓病の恐ろしさについて考えて見ましょう。腎臓 機能低下によって3つの機能が弱くくなる事で私たちの生活は全く変わってしまうのです。
慢性腎不全 尿毒症
慢性腎不全による尿毒症では、腎機能が本来の半分以下に低下してしまいます。尿毒症によって人工透析を受ける患者であっても、社会復帰は容易になりました。