睡眠不足 影響

睡眠不足 症状

睡眠不足は病気の原因の一つで、睡眠をとることは脳を休ませるために必要不可欠なものです。そういった意味では、生命維持のために睡眠は大きな役割を果たしていると言うわけです。しかし、睡眠とメタボリック症候群にも関係していたのです。

 

必要とされる睡眠時間には、年齢、或いは個人差がございます。昔から言われているのが、8時間の睡眠時間をとることで誰でも十分な睡眠時間であるとされていました。 睡眠不足と病気の関係は、時間だけでは決められない部分があるのも事実のようです。

 

質の良い睡眠を十分に採る事により、新陳代謝が活発に促され、日中の活動によって疲れた身体を回復する事になります。そして、ストレスの発散にも効果が発揮されるのです。以前より、何度も行われている調査によると、睡眠時間が4時間に満たない人の場合は、7〜9時間睡眠をとる人に比較して、肥満になる確率が高いという事が解っております。

 

そして、5時間の睡眠時間の人は、8時間睡眠をとる人に比べると、血液中にある食欲刺激物質の量が減少していると言う報告も有ります。単純に見ても、起きている時間が長いことで食事の回数が増えてしまっていると言う事もいえます。結果、睡眠不足を続けていくとホルモンのバランスは当然崩れ、満腹中枢の正常な働きが出来なくなる事で、食べすぎることが日常化してしまう状態に陥ってしまうと考えられております。

睡眠不足 血圧

睡眠不足と高血圧の関係は、睡眠時間が減少していく中高年の方などは、納得のいくところでしょう。逆に、睡眠時間が十分に採れている人の場合、心拍数が低下していて血圧は降下しますが、睡眠時間の足りていない人のほうは、心拍数は上昇し、心拍関係に負担をかけてしまっているのです。

 

さらに睡眠不足の状態では集中力も低下しますし、感情表現に至ってはコントロール不能にまで発展していってしまいます。このように、睡眠不足は生活の中のあらゆるところで悪影響を与えます。

 

近年いわれてい来ている睡眠時無呼吸症候群では、睡眠中に呼吸が止まってしまう症状で知られておりますが、睡眠そのものを分断してしまいますので当然ながら、睡眠不足に陥ってしまっているのです。肥満であることが原因と成って発祥して行く病気は大変多いですので、メタボリック症候群と診断されてしまった方は注意しなければなりません。

 

 

 

睡眠不足 影響関連エントリー

睡眠不足解消
睡眠不足の解消には睡眠をとりやすくするために何か行なってみるのも良いでしょう。足湯によって体温調節をし、眠気を誘ってみてはいかがでしょうか。