糖尿病 人工透析

スポンサードリンク

糖尿病性腎症 透析

糖尿病の症状を持つ方に共通する腎臓病というものが有り、糖尿病性腎症と呼ばれています。これは腎糸球体に起こるの障害で有ることから、進行はしても回復することが困難なもので、人工透析の対象となる可能性が非常に高くなります。

 

代表的な糖尿病の合併症と言えば、よく知られているものでは糖尿病性神経障害や糖尿病性網膜症が有名で、糖尿病性腎症などの症状が加わり糖尿病の3大疾患とされています。

 

糖尿病性腎症の初期症状では、尿蛋白がみられます。糖尿病性腎症では、この尿蛋白を早期に発見することが非常に重要に成ってきます。現在ではごく微量の尿に含まれるタンパクの測定が可能になってきていることから、尿蛋白が進む前に発見されやすいとも言えます。

糖尿病 尿蛋白

尿蛋白では症状が進行していくことによって、徐々に腎機能が低下していき、糸球体硬化症につながっていきます。ここまで来ますと他にも様々な症状も現れ、高血圧、貧血、浮腫といったものにもつながります。

 

さらに進行していくことによって最終的には、慢性腎不全や尿毒症と言われる状態になります。増え続ける糖尿病患者という背景の中、糖尿病性腎症を放置することによってやがて腎不全となり、人工透析を受ける患者さんはますます増加し続けているのです。

 

実際のところ人工透析に通う患者さんの中でも、糖尿病性腎症が原因となる慢性糸球体腎炎に続き、その割合が高いのです。さらに腎臓移植なども年々増加傾向が続いていることも事実です。

スポンサードリンク

糖尿病 人工透析関連エントリー

糖尿病 治療
日本人はインスリンの分泌酢量が少ないことで、肥満による糖尿病が目立ってきました。糖尿病の治療は血糖値を下げることで行なわれますが、食事のとり方や食事の見直し、入浴や運動と言ったことからも改善していく事が出来ます。
糖尿病合併症 症状
糖尿病合併症の症状は、神経障害、網膜症、腎症などです。元々自覚症状が無い、糖尿病合併症の症状は、血糖コントロールなどの治療をせずに放置すると、末梢神経障害で視力低下や、糸球体が機能しなくなり、尿が作られなくなり、人工透析が必要になります。